進捗状況を確認しやすい!eラーニング

個々に空いている時間を利用してスキルアップ

営業職の仕事は、経験が非常に重要とされています。ですから、長く経験している人の方が能力が高くなります。新人はあまり良い成績は上げられません。でもその常識が少しずつ変わっています。経験部分を学べれば補える場合があります。そこで利用されるのがeラーニングです。ウェブ上にコンテンツを置いておき、営業社員は個々にそのコンテンツを利用して学びます。通常の教育方法だと、一定時間にまとめて行う必要がありました。参加できない人はその分を学べないので、学んだ人より能力が落ちてしまう場合がありました。eラーニングは、それぞれの人が空いている時間を利用して勉強できるので、仕事が忙しい人でも学べます。途中で終えても、前に学んだ場所から再開できます。

サービス提供者が利用状況を把握

仕事ができるかどうかは、本人の努力にかかっているでしょう。特に営業は、センスなども問われるとされていました。でも最近は、センスや経験、努力に関係なく、教育によってスキルアップが可能になっています。eラーニングであれば、営業担当者が自分の能力に合わせたコンテンツを利用して学べます。新人向け、中堅向け、マネジャー向けなど用意されている場合があります。利用者だけでなく、提供側からも利用状況を把握できるメリットがあります。よく利用して成績が上がっている人もいれば、あまり利用していないからか成績が上がらない人もいます。上がらない人には利用するように伝えられます。上司などが部下の進捗状況を把握して管理をする場合もあります。